本文へジャンプ
ホームへ戻る
学校生活  

高大連携高校生防災教育推進事業

高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」
  令和元年10月5日(土) 1年生4名が厚生連渥美病院に於いて、トリアージ訓練に参加してきました。今回、渥美病院にご協力いただき、田原市消防署を含め地域のボランティアの方々と共に地震を想定したトリアージ訓練を体験し、被災者の気持ちを知ることができました。また、災害時、高校生として行えるボランティアについて考えることができました。
   
   


第3回防災避難訓練(令和元年11月8日)
 高大連携高校生防災教育推進事業「高校生防災セミナー」参加者が、全校生徒と特別支援学校本宮校舎の生徒を対象に、活動報告を行いました。

 全体会では、防災セミナーで得た減災の考え方と自助・共助の重要性についてプレゼンテーションソフトを用いて発表し、学年別訓練では、1・2年生と共に『新聞紙で作るスリッパ』と『牛乳パックで作るホイッスル』を制作しました。 3年生と専攻科生については、アルファ米の試食体験を行い、災害時の備えについて考える良い機会となりました。
     
  


『減災だより』の発行についてのお知らせ
命を守る方法、命の大切さについて『減災だより』を発行しました。
生徒を通して配布しますので、是非、ご覧ください。
     



 ページトップへ戻る